険悪なカップルイメージ

今回インタビューに答えていただいたのは、義理の父・母との関係がうまくいかないことが原因で離婚したという、離婚当時32歳の女性です。
旦那様とはどのような話し合いをしてきたのか、離婚の決め手は何だったのかなど、気になりますね。

当サイトでは、離婚経験者の方にアンケート形式で離婚の体験についてお答えいただいています。
似たような境遇にあるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

離婚時の状況
  • 結婚生活2年の末に離婚
  • 年齢:32歳
  • 職業:事務職
  • 相手の年齢:32歳
  • 相手の職業:営業職
  • 子供:いない

元旦那様との出会いと結婚に至った経緯を教えてください

元々中学校の同級生同士の結婚でした。

中学校卒業後は、一度も会うことがなく、なんの接点もなかったのですが、結婚の一年半前にあった同窓会で、意気投合し、お付き合い、結婚をすることになりました。
中学校の時は、私が一方的に好意を抱いていた相手でなんとなく、ドキドキしていました。

同窓会では、話をする機会もあり、昔好きだったことを思い切って告白してみると、彼も同じだったといい、連絡先を交換することになり、お付き合いを始め、一年以内に結婚に至りました。

なぜ、離婚することになったのか、原因を教えてください

とても好き同士だったので、お付き合いの頃から何も変わらず、喧嘩もほとんどしたことないくらいの関係で、とても落ち着いた生活を始められていたのですが、義両親の干渉が凄かったので、結果的には私が疲れ果ててしまいました。

結婚式を終えた1ヶ月後くらいから、毎日のように電話が鳴り「ご飯を食べに来て」とか「おかず作ったから取りに来て」とか連絡が頻繁に来るようになりました。
最初は、美味しいご飯が食べられるからと、ありがたく頂戴していたのですが、そこに行ってからも、生活のことや、洗濯の仕方、彼の好きな料理を準備するように言われました。

そして「跡取りはまだなのか」「絶対に男の子を望む」と強く言われ続けて、それが元になって彼と私の中で話の折り合いがつかなくなり、関係がとても悪くなっていきました。
それで、離婚に至りました。

離婚を告げた時、元旦那様はどのような反応をしましたか?

私は彼と私との関係ではなく、私と義両親の関係が嫌だから、もっと遠くに離れたい、と言って、離婚を告げました。

彼は義両親が「私たちのことを心配して、面倒をよく見てくれているんだ」「お前がそんなに深く考えないで生活したらいい」との一点張りで、聞く耳持たずの毎日でした。

離婚の協議はすぐにまとまりましたか? それとも、時間がかかり大変なものでしたか?

一年半の結婚生活の後に、私が彼との家を飛び出して、実家に半年くらい帰りました。
その半年間で、彼と少しずつカフェなどで会いながら、私の気持ちを言い続けました。

最初の頃は、全然聞く耳も持ってくれない毎日でしたが、徐々に話をよく聞いてくれるようになってきて、私の離婚したいという気持ちをわかってもらえ、離婚できました。

半年間かかりましたが、よく会話できた方で、そんなに大変な思いはしなかったように感じています。

離婚してよかったことを教えてください

まずは私に干渉してくる義両親と顔を合わせなくて済む生活ができているのに、とても良かったと感じています。

そして義両親のことを彼に言い続けるのも、結構気が引けていたので、そんな日々もなくなり、「とても楽になった」「解放された」と感じることができるので、離婚して良かったと感じています。

離婚して辛いと感じたことを教えてください

離婚をした、出戻り、バツイチなど、世間では様々な見られ方をするし、周りや特に親戚の人々からも、あまり良く思われないので、辛いと感じることは良くあります。
また、次の恋愛をしてはならないと、どこか心の奥で強くそう思っている自分もいるのが、すごく辛いです。

離婚して正解だと感じますか? それとも後悔の方が大きいですか?

私は離婚して正解だったと感じています。

もし離婚に踏み出せなかったら、今もまだ彼の義両親とほとんど毎日顔を合わせ続け、次は何を言われていただろうかと思うと、ゾッとするし、自分がストレスフルになり、何も手も付かず、病気にでもなっていたのではないだろうか、と考えます。

現在は再婚していますか?

再婚は今のところは、何も考えていません。それに、希望もしていません。

結婚は相手があってのことだし、実際生活が始まると、育ってきた環境の違いなども、やはり色々な相違点が見えてくると思うので、再婚はかなり難しいのではないかと考えています。

離婚経験者として、現在、離婚を悩んでいる人に向けてアドバイスをお願いします

離婚が悪いとか、色々な周りの意見があるかもしれませんが、それらを気にせずに、自分の人生は自分で決断するのが一番です。
私は自分のために、決意しました。

また相手がいることなので、離婚に一歩踏み出せなかったり、会話が成り立たないということもよくありますが、時間をかけて、じっくりと自分自身の言葉を相手に伝えることが一番だと考えます。

一回きりの人生だから、自分優先にして、きちんと向き合って欲しいです。

調査方法:アンケートサイトにて質問
調査日:2019年9月20日