知らないと後悔する「持ち家」に関する離婚準備とは?

離婚したい人向けの記事まとめ

「離婚したいけど、どうすればいいのか分からない…」
「離婚するべきなのかどうか迷っている…」

あなたは今、離婚に対する漠然とした不安を抱えて、悩んでいると思います。

離婚は、人生において大きな決断です。なるべく不安や悩みを解決してから、離婚を検討したいですよね。

この記事では、

  • 離婚したいと感じる理由
  • 離婚したいけど離婚後のことが不安
  • 離婚したい人の準備

などについて解説します。

あなたと同じように悩む人の意見や、具体的な悩み別の解決方法を知ることによって、離婚のためのヒントが得られますよ。ぜひ参考にしてください。

目次

離婚したいと感じる理由

まず、あなたはなぜ離婚したいと感じているのでしょうか?

その理由がはっきり分かれば、漠然としたモヤモヤの悩みが晴れて、離婚についてじっくりと向き合うことができるはずです。

以下、主な離婚したい理由を紹介します。

  1. 「旦那と離婚したい」と思う妻の理由
  2. 「嫁と離婚したい」と思う夫の理由
  3. 離婚ではなく別居するメリット

「旦那と離婚したい」と思う妻の理由

「なんとなく、旦那と離婚したいのだけれど、それで良いのだろうか…」と悩んでいる女性が、多いかもしれませんね。

他の女性たちが離婚したい理由を知れば、漠然としたあなたの気持ちがきっと晴れるかもしれませんよ。

また、離婚をしたいと思ったとき、すぐに切り出すのは得策ではありません。離婚時には、財産分与や慰謝料、親権や養育費など、決めなければならないことがたくさんあります。スムーズに離婚するために、事前準備をして備えておきましょう。

なお、離婚はお互いの合意がなければ成立しません。話し合いで合意できればすぐに離婚可能ですが、こじれてしまえば調停離婚・裁判離婚となります。それを防ぐためには、切り出し方や伝え方にも工夫が必要です。

旦那と離婚したいけど踏み切れない人や、離婚前の準備について詳しく知りたい人は、ぜひ以下記事を参考にしてください。

この記事で分かること
  • 多くの女性が離婚したい理由
  • 離婚前にすべき準備について
  • 離婚を合意させるための手順

「嫁と離婚したい」と思う夫の理由

嫁の態度や浮気に嫌気が差し、離婚したいと願う男性も多いと思います。相手の嫌な部分に耐えられなくなると、一緒に生活するのが苦痛になりますよね。中には、離婚したほうがいい嫁の特徴もあります。家事・育児の放棄、不貞行為など、夫婦の義務を怠っているようであれば、離婚を真剣に検討したほうが良いです

一方で、離婚をしたいけど嫁が可愛そうになる、と少しでも愛情が残っているようであれば、まだ離婚は早いかもしれません。相手と話し合って改善の余地がないか検討したほうがいいケースもあります。

もしも離婚を決意したのなら、準備が大切です。相手のDVや浮気の証拠を集めれば、慰謝料請求ができます。子供がいるのなら、親権や養育費についても考えなければなりません。離婚後のトラブルを回避するため、準備は入念に行っておきましょう。

妻と離婚するべきかどうかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • 離婚を検討すべき妻の特徴
  • 妻と離婚するために必要な準備
  • 具体的な離婚の手順

離婚ではなく別居するメリット

「本当に離婚するべきなのか迷っている…」と、どうしても離婚に踏み切れない場合は、別居するのも1つの方法です。別居によって、離婚するべきかどうかを冷静に判断できますし、離婚が進めやすくなることもあります

別居を決断する前には、新しく住む場所やお金に関する準備を進めておくと良いでしょう。とくに経済的に厳しい人は、別居後の生活費を確保するための準備が重要です。貯金を貯める以外にも、別居費用の分担請求や、財産分与の整理などがあります。

そして別居を切り出す際には、気持ちをストレートに言うことが大切です。遠回しな表現で伝えても、相手に気持ちは届きません。冷静に、はっきりと告げましょう。

以下の記事にて、別居に関する準備や伝え方などを具体的に解説しています。

この記事で分かること
  • 別居をするメリット
  • 別居の上手な切り出し方
  • 別居に向けて準備しておきたいこと

離婚したいけど離婚後のことが不安

離婚した後の生活が不安になり、踏み切れない人もいることでしょう。とくに、離婚後の生活費や、子供のことで悩むことが多いと思います。

ここでは、離婚後の不安や悩みに関して解説する記事をご紹介します。該当するものがあれば、ぜひ参考にしてください。

  1. お金が不安で離婚できない
  2. 子供への影響が不安で離婚できない
  3. 自分が妊娠中で離婚に踏み切れない
  4. モラハラ夫と離婚したい妻

お金が不安で離婚できない

離婚をすれば、自分一人で家計を支えていかなければなりません。経済的に不安定な人の場合、お金のことがどうしても気になり、離婚に踏み切れないことと思います。

その場合、離婚にいくらかかるのか、そして離婚後にもらえる可能性があるお金について、把握しておきましょう。お金の不安がある程度解消されるはずです。

基本的に、離婚時にお金は必要ありません。ただし、話し合いで決着がつかずに調停離婚・裁判離婚へと発展すれば、最低でも数千円、高くて数万円ほどの費用が必要となります。注意しましょう。

離婚をすると、財産分与や年金分割などで、お金がもらえる可能性はあります。相手が浮気をしたなら慰謝料、子供がいるなら養育費も検討可能です。また、離婚後の生活費を支援してくれる公的制度もあります。離婚後のお金が不安なら、こうした制度も活用しましょう。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

この記事で分かること
  • 離婚したいけどお金がなくためらう人が多いこと
  • 離婚時に発生するお金について
  • 離婚でもらえる可能性のあるお金

子供への影響が不安で離婚できない

離婚はしたいけれど、子供への影響が不安で離婚できない…。と、子供がいる場合は、離婚に慎重になると思います。子供への影響がどうしても気になり、我慢して結婚生活を続ける人も多いのではないでしょうか。

たしかに、離婚によって子供に悪影響を与える面はあります。しかし、夫婦喧嘩が耐えない家庭に居続ける子供にも悪影響はあります。本当に子供のことを考えるのであれば、離婚によって与える影響をしっかりと理解し、離婚すべきかどうかを検討してください

いざ離婚する際には、子供のために夫婦で話し合うべきことはたくさんあります。養育費親権はもちろん、子供の姓面会交流についても決めなければなりません。何を話し合うべきなのか、離婚前にしっかりと把握しておきましょう。

こうした内容については、以下記事で詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

この記事で分かること
  • 離婚が子供にどのような影響を与えるのか
  • 離婚時に子供のことで話し合うべきこと
  • ひとり親支援の制度について

自分が妊娠中で離婚に踏み切れない

妊娠中に離婚したいと考えているのは、あなただけではありません。実は、妊娠中にも関わらず旦那と離婚したい、と悩んでいる人は一定数います。その人達の悩みを知ることで、あなたの心の内にある不安やモヤモヤが、解消されるかもしれません。

しかし、いざ妊娠中に離婚するとなると、ハードルはやや高いです。とくに経済的な問題は深刻でしょう。この場合、離婚時にもらえるお金について理解しておくと安心です。養育費の請求が可能ですし、場合によっては慰謝料も請求できますよ。

実際に離婚した場合、子供の戸籍や親権がどうなるのかをご存知でしょうか?基本的に親権は母親となりますが、戸籍は父親のままです。離婚後の想定外を防ぐためにも、こうした知識は事前に知っておきたいですね。

以下記事では、妊娠中の離婚について解説していますので、ぜひご覧ください。

この記事で分かること
  • 妊娠中に旦那と離婚したいと悩む人の理由
  • 妊娠中に離婚するデメリット
  • 離婚時にもらえるお金について

モラハラ夫と離婚したい妻

旦那の言動で強い精神的苦痛を感じているあなたは、モラハラ夫との生活に苦しんでいることでしょう。モラハラは単なる夫婦喧嘩と違って治りません。あなたの精神が崩壊寸前のようであれば、離婚を真剣に検討すべきです

まずは旦那から受けたモラハラの証拠を集めて、慰謝料の請求を検討しましょう。法律的にも、モラハラ夫からの慰謝料請求が認められます。慰謝料でまとまったお金を手に入れてから、別居または離婚を考えると良いですよ。

どうしてもモラハラ夫が離婚を拒否する場合、調停離婚または裁判離婚となります。事前にこうした知識を頭に入れておけば、いざというときも安心です。

また、モラハラ夫に悩む人が相談できる公的窓口があるのをご存知でしょうか。一人で抱え込まずに、こうした相談窓口を利用しましょう。

モラハラ夫との離婚についてお悩みなら、ぜひ以下記事を参考にしてください。

この記事で分かること
  • モラハラ夫の特徴や夫婦喧嘩の違いについて
  • モラハラ夫に悩む妻が取るべき対策
  • モラハラ夫が離婚を拒否したときにどうすればいいのか

浮気と離婚

自分が浮気した場合、離婚は果たして可能なのでしょうか。そして浮気された場合、慰謝料請求はどのように行えばいいのでしょうか。

こうした疑問について、以下にて解説しています。ぜひ参考にしてください。

  1. 自分が浮気して離婚したい
  2. 浮気されたから慰謝料とって離婚したい

自分が浮気して離婚したい

遊びの浮気のつもりが、いつの間にか本気になってしまい、離婚をしたい…と悩んでいる人もいるかもしれませんね。

残念ながら、浮気した側からの離婚は基本的に認められません。離婚原因を作っているため、たとえ裁判を起こしたとしても棄却されてしまいます。

離婚するためには、配偶者との話し合いで解決するしかありません。話し合いでのポイントは、誠実な対応に徹することです。慰謝料を支払う、財産分与を多めに渡すなどの対応をきちんと行えば、相手も離婚について真剣に検討してくれることでしょう。

誠意を見せるのは配偶者だけではありません。子供がいるのであれば、子供にもきちんと誠意を払いましょう。成人するまできちんと養育費を支払い、面会交流もきちんと対応する意志を見せることが大切です。

このような誠意を怠れば、たとえ離婚できたとしても、のちにトラブルを引き起こします。最悪の場合、高額な支払いを請求される可能性もあります。

以下記事にて、詳しく解説しています。気になる方は要チェックです!

この記事で分かること
  • 自分の浮気による離婚はできるのかどうか
  • 離婚のためにどのような対応をとればいいのか
  • もし離婚したいと言われたらやるべきこと

浮気されたから慰謝料とって離婚したい

もしも配偶者に浮気されて離婚を検討しているのなら、必ず請求しておきたいのが、慰謝料です。浮気は不法行為に該当するため、慰謝料請求が認められています。

ただし慰謝料請求には、有力な証拠を提示する必要があります。証拠は、どんなものでも認められるわけではありません。どのような証拠が有効なのか、きちんと把握して集める必要があります。

また、証拠を集める際に注意したいポイントがあります。たとえば、不倫相手の家に勝手に侵入したら住居侵入罪となり違法行為です。また、勝手に相手のスマホを見るのもグレーゾーンです。こうした注意点をしっかり理解してから、証拠を集めると良いでしょう。

どのようなものが有効証拠となるのか、どういった点に注意して集めれば良いのか、などは以下の記事を参考にしてください。

キャプション
  • 不貞行為の慰謝料請求はできるのか
  • 不貞行為の慰謝料請求時に有効な証拠について
  • 証拠を集めるときに気をつけるべきポイント

離婚したい夫としたくない妻

夫から離婚を切り出されてしまったけれど、離婚はしたくない。そのような時には、夫との関係修復を目指すしかありません。

関係修復のためには、お互いの改善努力が必要です。自分自身の問題点を見つめ直し、お互いの価値観の違いを認めあうなどして、改善を図りましょう。ただし、夫の暴力や精神的苦痛を受けているようであれば、離婚を真剣に検討したほうがいいかもしれませんね。

夫と離婚したくないのなら、あなたがやってはいけない行動がいくつかあります。感情的になって別居する、感情的に反論する、などの行為は、のちに離婚への引き金となりますので注意しましょう。

大事なのは、あなたがまず冷静になること。そして、2人でしっかりと話し合い、改善していくことなのです。

詳しくは以下の記事にて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること

この記事で分かること
  • 妻が夫と離婚したくない主な理由
  • 夫と関係修復をするためにどうすればいいのか
  • 離婚を回避するためにやってはいけない行動

円満離婚したい

円満離婚は、夫婦が話し合って揉めることなく離婚が成立する状態です。

円満離婚できれば、無駄な時間やお金や体力を消耗せずに離婚できるメリットがあります。新生活をスッキリとした気持で迎えるためにも、揉めることなくスムーズに離婚を目指したいですね。

円満離婚を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。たとえば、養育費や財産分与などを決めるときはお互いに納得できる金額にする、約束事を決めたら公正証書を作成しておく、などです。

とくにお金が絡むものは、後に大きなトラブルへと発展しやすくなります。離婚時に夫婦でしっかりと話し合い、お互いに合意してから、公正証書を残しておくことがベストですよ。

そして離婚の切り出し方も重要です。お互いが冷静になっているときに、相手の意見も尊重しながら、1つ1つの課題を解決していきましょう。

円満離婚の秘訣を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事で分かること
  • 円満離婚とはなにか
  • 円満離婚をするメリット
  • 円満離婚を成功させるポイント

離婚したい人の準備

離婚を決意できたのなら、やるべきことをしっかりと行いましょう。離婚前後でやるべきことはたくさんあります。中でも、財産分与における持ち家問題は多くの人が迷うと思います。

これらについては、以下で紹介します。

  1. 離婚前後のやることリスト
  2. 住宅ローン組んだ持ち家の財産分与は重要

離婚前後のやることリスト

離婚に向けてやるべきことは、たくさんあります。もしも準備を怠れば、離婚した後で悔やむことになります。どんな準備が必要なのかをあらかじめ確認することで、後悔なく離婚を進めることができますよ

離婚前の準備でとくに重要なのが証拠集めです。とくに相手が不貞行為をしているなら、証拠を突きつけることで慰謝料の請求ができます。相手に言い逃れされないためにも、有力な証拠はきちんと揃えましょう。

子供がいるなら、親権や養育費、面会交流や子供の姓など、決めるべきことはたくさんあります。子連れの方は、こうしたポイントもしっかりと頭に入れておきましょう。

離婚した後でも、やるべきことは多岐にわたります。名字変更手続の他にも、社会保険関係の手続き、そして子供がいる場合は、転校・転園手続きや児童手当などの手続きもあります。離婚後に慌てないためにも、これらの手続きを事前に把握しておくと安心です。

以下の記事にて、やるべきことをリストにして紹介しています。ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • 離婚前にやるべきこと
  • 離婚後にやるべきこと
  • 子供がいる場合・子供がいない場合にやること

住宅ローン組んだ持ち家の財産分与は重要

離婚時には、財産分与をすることになります。財産を全て洗い出し、夫婦で納得のいくように分配しましょう。

財産分与の対象には、持ち家も含まれます。持ち家は、数千万円単位にもなる高額な共有資産ですよね。いざ財産分与しようとするとき、どのように分与すればいいのか分からない人も多いと思います。やるべきことはたくさんありますので、ポイントをしっかりと理解しておきましょう。

家の財産分与には、売却する・住み続ける、の2通りの方法があります。住宅ローンがなければ、比較的スムーズに決まると思います。しかしローンがあるケースでは、ローンの支払いを巡ってトラブルに発展しやすいので注意が必要です

以下の記事にて、ローンを組んだ持ち家の財産分与の方法も解説しています。お悩みの方は要チェック!

この記事で分かること
  • 家の財産分与の方法
  • 住宅ローンがある状態で家を財産分与するときの注意点
  • 家の財産分与でやるべきこと

まとめ|離婚したい人はコラムを読んで不安を解消しよう

あなたは今、さまざまな不安や悩みを抱えて、離婚すべきかどうかを悩んでいると思います。

まずは、その不安や悩みの原因を突き詰めましょう。そして、具体的な解決策を知って行動に移してください。

離婚を検討している人は、ぜひ上記で紹介したコラムを参考にして、心の抱えている不安を解消してくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる