お金に汚い女性

今回インタビューに答えていただいたのは、元奥様が共有財産を自分の口座に移していたことが原因で離婚したという、離婚当時44歳の男性です。

義母と揃ってグルになって行なっていたようで、調停になりましたが、住宅ローンの残債全てを元奥様が負担するよう判決されたようです。
どのような結婚生活だったのか、当時の状況を詳しくご説明いただきました。

当サイトでは、離婚経験者の方にアンケート形式で離婚の体験についてお答えいただいています。
似たような境遇にあるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

離婚時の状況
  • 結婚生活15年の末に離婚
  • 年齢:44歳
  • 職業:診療放射線技師
  • 相手の年齢:45歳
  • 相手の職業:葬儀屋のパート
  • 子供:女の子15歳

元奥様との出会いと結婚に至った経緯を教えてください

ネット上のSNSのような媒体で話すようになり、実際会ったことがきっかけでした。

メールでコミュニケーションをとっていた「いい人だな」という好印象があり、それが決め手でした。
盲目になってしまっていたのだと思います。

実際、付き合うようになり相手は実家を飛び出したい一心があり、私の家に来て料理を振舞うなどしていましたので、間違いないのではないかと確信のようなものがありました。

出してしまった以上、引き下がれなくなった状況が当時はありました。
全てにおいて、余裕がなかったのだと思います。

なぜ、離婚することになったのか、原因を教えてください

元嫁に私の預金口座を預けていたのですが、二度にわたり大金を個人的な口座に移すということをしていたことが原因です。

一度目は私の収入が少なかったためかと思いましたが、二度目は明らかに悪意があることが分かりました。
年収が700万円近くあった年に、残高が20万円台になるということは明らかに自分の口座に移しているに間違いありませんでした。

このようなことがありましたので、私に預金口座を返すように言いました。
すると子供を連れて実家に帰っていきました。

あとでわかったことですが、離婚を決意させるために、現金を取れるだけ取って、実家に引き込む作戦は何と相手方の親ともグルで仕込んでいたのです。
相手方の親も、お金に汚い人で自分の兄弟と財産がらみの裁判を数回経験していましたので、身も心も銭ゲバ家族だったことが分かり、辟易しました。

離婚を告げた時、元奥様はどのような反応をしましたか?

預金口座を減らして、実家に帰った元妻に対し、「もはや結婚生活を継続するのは困難」と私が告げました。

その言葉を出させるために、相手と相手の親は私を苦しめていたのです。
まんまと引っかかったという態度と言葉を浴びせられました。

その後、2年ほど私がお金の管理をする形で同居生活をしていましたが、私の胸中には「何で、こんな人を養わなければいけないのか?」「何のために働いて、お金を稼いでいるのか?」と我慢だけの生活でした。

離婚の協議はすぐにまとまりましたか? それとも、時間がかかり大変なものでしたか?

協議離婚には相手の雇った弁護士が登場しました。

私は知り合いの別の弁護士に相談したところ、「相手の弁護士と会ったら、向こうの都合の良いように進みます」と警笛を鳴らされました。

そこで連絡もせず、ほったらかしていました。
4か月ほどして、しびれを切らしたようで、裁判所に調停を申し立てられました。

裁判所からの出頭命令の文書が郵送で届いたのです。
離婚調停は粘りに粘って、6回やりました。

慰謝料なし、住宅ローンの残りは全て相手方が支払う判決でした。

「親権」や「養育費」についてはどのようになりましたか?

親権は最初から相手方が持つことで合意していました。

養育費は裁判所で、年収に応じた算定表を元に話し合いになりました。
相手方は算定表そのものに不満があったようで、とにかく踏んだくる姿勢を弁護士と共に取っていましたが、裁判所では通用せず、算定表目安での金額になりました。

当人同士の話は一切なく、裁判所の調停員に決めてもらったようなものです。

離婚してよかったことを教えてください

とにかく、お金が溜まります。

養育費なんて軽いものです。そして精神的に楽です。
これから好きなだけ儲けて、本当に好きな人と一緒になる。

もしくは実家の母を全面的に支援できることなど、良いことずくめです。
結婚当時はうだつが上がらない、預金残高もなぜか上がらない10年ほどを過ごしましたが、その足かせだったものがなくなったので、上がるしかないといった形で、様々なものが上昇気流に乗っています。

離婚して辛いと感じたことを教えてください

街を歩いていて、小さな子供を連れた家族連れを見ると「辛いなぁ」と感じます。

辛いのは唯一、これだけです。
きれいな奥さんとかわいい子供を連れた旦那さんを見た際は、とにかく羨ましい!今の自分は自由で、ストレスもどんどんなくなっていますが、どんなにお金を持っていても得られないものが幸せな家庭の姿ですから。

「またいつか、こんな日が来るさ」と幸せな家族を見るたび、思うようにしています。

離婚して正解だと感じますか? それとも後悔の方が大きいですか?

私の場合、離婚して大正解でした。

住宅ローンも68歳までのローンでしたし、「本当に支払えるのか?」と不安でした。
蓋を開ければ、お金をちょろまかしていた元妻の行動がなければ、前倒し返済も余裕でできていたのですが、離婚して相手が残りのローンを支払う判決でしたので、借金が全くなくなったのは大きなプラスでした。

子供に関しては、離婚してすぐに子供から「私は騙された」と告白があったので、そのうち親権は私になるだろうと思っています。
失ったものがほぼゼロになる日も近いと思われます。

現在は再婚していますか?

機会があれば、再婚して幸せな家庭にいたいです。

しかし、焦ったりせず、いい人がいなければスルーできる余裕があります。
このまま良い人が現れない、機会がなければ、それも人生。

良い人と燃えるような恋愛をして再婚するのも人生と、どう転んでもポジティブに受け止められます。
年を重ね、辛いことを乗り越えたからこそ、このような心境になれたのだと思います。

離婚経験者として、現在、離婚を悩んでいる人に向けてアドバイスをお願いします

まず、お金に汚い人が相手本人、相手の親、その他の近親者にいたら長く結婚生活を続けることは不可能と思います。

馬ではありませんが、血統的にそのような性格は受け継がれます。
今は資産家だったとしても、根が腐っている人には、保有資産全てを失うほどのペナルティが必ず下されます。

喧嘩を吹っかけてくる人、人が嫌がることをやったり、言ったりする人。
お金持ちとしか付き合わないなどという人は大概、この部類に入るので離れた方が無難です。

根本的な性格に難がある人とどう離婚を進めるかは裁判所をお勧めします。
性格の悪さを必ず裁判所で露呈して、そこにペナルティを課してくれます。

ただ、調停は疲れますが、諦めないこと。
面倒くさがらないことが重要で、これでもかとじっくり臨んでください。

調査方法:アンケートサイトにて質問
調査日:2019年9月23日