元夫が仕事をサボってまでギャンブルをするようになり離婚

離婚のプロに無料相談しませんか?

  • 離婚して後悔しない?
  • 離婚して幸せになれる?

このように悩んだら、数多くの相談に乗ってきたプロに相談しましょう。
親や友人でもない他人だからこそ、腹を割って話せることも多いはず。

今回インタビューに答えていただいたのは、元旦那様が仕事をサボってまでギャンブルにはまり離婚したという、離婚当時25歳の女性です。

離婚協議もうまくいかなかったため弁護士を立てると伝えたところ暴力をふられる始末。
最後には慰謝料も何もいらないからと、頼み込んで離婚を成立させたそうです。

当サイトでは、離婚経験者の方にアンケート形式で離婚の体験についてお答えいただいています。
似たような境遇にあるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

離婚時の状況
  • 結婚生活2年の末に離婚
  • 年齢:25歳
  • 職業:販売員
  • 相手の年齢:26歳
  • 相手の職業:サービス業
  • 子供:いない

元旦那様との出会いと結婚に至った経緯を教えてください

お互い地元が同じでした。
当時学生でアルバイトをしていたお店の、近所に彼は勤めていました。

その彼が休憩中などに私のアルバイト先に良く買い物に来ていた常連さんでした。
そこで少しづつ話す様になり、彼のお店へも私が足を運ぶようになっていました。

そうしていくうちに、ある日彼から電話番号をもらいそこからプライベートでも遊ぶようになったので出会いのきっかけです。
彼は高学歴で、とても知的でした。

それなのに、人を下に見るような事はいっさいないところに次第に惹かれるようになりました。
当時は私もまだ若かったので、門限がありあまり遅くまで遊ぶことはできなかったのですが、彼はしっかり時間までに家まで送り届けてくれる優しさや寛大さもあり結婚を意識し始めました。

すると彼も同じことを感じてくれており、付き合って3年で晴れて結婚する事になりました。

なぜ、離婚することになったのか、原因を教えてください

付き合っているときには一切、知らなかったのですが彼はとてもギャンブル好きだったようです。
付き合っている当時から私はギャンブルをする人がとても嫌いだと話していたのでなかなか言い出せなかったそうです。

結婚して半年ほどすると突然彼からおこづかいを上げてくれと言ってくるようにりました。
それまでは、僕は今貰っているおこづかいで事足りるよと言っており上手くやりくりしてくれていたのですが本当に突然の事でした。

始めは部下も出来たので、ご飯や飲みをおごる事が増えたから今のおこづかいでは足りないと相談口調の様に言われました。
それなら仕方ないと、彼のおこづかい金額を上げました。

すると、3か月もしないうちにまた値上げしてほしいと言ってきたのです。
少しおかしいと思い理由を聞いたのですが、俺にも事情や付き合いがあると言ってなかなか理由を話してくれませんでした。

その月は仕方なく、おこづかい額を増やしました。
何かおかしいと思い、共通の知人に現状を相談したところなんと知人にもお金を借りていた事が発覚しました。

とてもビックリし、帰宅後彼に問いただしたところ実はギャンブル依存症だと告白をされました。
とてもショックでした。

しかし彼の事は愛していた事もあり、向き合うことにしました。
ギャンブルをしないよう、趣味を見つけてみたりできるだけ休みも一緒に過ごし、彼がギャンブルができる時間を無くすよう私も努めて居たある日、突然彼の会社から電話がありここ数日出社してないと連絡が来たのです。

すると、彼は仕事をさぼってギャンブルをしに行ってた事が発覚しました。
このことがきっかけで、愛していたから力になりたいと思ってた気持ちが一気に吹き飛び、呆れと怒りさえ覚えました。

今後、出産も視野にいれていたのですが彼のその現状を知り先は見えないと思い離婚を切り出しました。

離婚を告げた時、元旦那様はどのような反応をしましたか?

彼の会社から無断欠勤をしていますと連絡のあった夜、仕事のふりをして帰宅した彼に、無断欠勤の件と離婚したいという事を告げました。
すると彼は目に涙を浮かべなながら、どうか許してほしいと土下座してきたのです。

今まで彼のそんな姿を一度も見た事がなかったので、とても動揺し少し気持ちも揺らぎましたがここは私自身の将来の為にもと思い、彼を許しませんでした。
仕事もちゃんと行く、ギャンブルもやらないと誓うと言ってきたのですが私も心を鬼にして無理です、明日離婚届を持ってきますと言った途端に彼が急に怒りだしたのです。

結婚したんだから夫を支えるのも妻の務めだろうと逆切れしだしたのです。
もう信じられませんでした。

まさかの開き直ってきたことに、余計に愛も冷め次第に私の方まで怒りがふつふつとこみ上げててきました。

離婚の協議はすぐにまとまりましたか? それとも、時間がかかり大変なものでしたか?

時間は少し掛かりました。
彼は頑なに離婚はしないと、せめて別居でもいいから籍は置いてほしいと言ってきたのですがそんな事、到底出来るわけもなく話は平行線のまま1か月はたっていました。

彼が離婚したくない理由のひとつに慰謝料を支払いたくないというのがありました。
この時、特に弁護士などは依頼せずお互いで話していました。

さすがに平行線で、このままでは埒が明かないと思い弁護士を立ててしっかりと話し合いたい事を彼に伝えたとたんに手を出してきたのです。
俺も我慢の限界だと。こんなにも謝っているのになぜ許しくれないのだと暴力をふるってきたのです。

とても恐怖でした、もうここまできたら殺されてしまうかもしれなと思い何もいらない、何もいらないからどうか私と離婚してほしいと頼み込みやっとのことで離婚を承諾してくれたのです。

離婚を告げてから成立するまでに1か月半かかりました。

離婚してよかったことを教えてください

最後の方は本当に命の危険を感じました。
出会った当初、付き合っていた時には知りもしなかった彼の本性を見たようでした。

きっとあのまま、彼を許し結婚生活を送っていても絶対にお金で苦労する事は目に見えていました。
そのまま子供ができたとしてもきっとその子に不憫な思いをさせていたことでしょう。

一度は許したものの、彼の職場から電話が掛かってきて真実をしれて本当に良かったと思っています。
それがなければ絶対に彼は私に隠れギャンブルを続けてもっと大事になっていたと思います。

離婚して辛いと感じたことを教えてください

やはり離婚してすぐの時は人を信じることがなかなかできなくなっていました。
友達はもちろんの事、家族の事ですら疑ってしまう時期が続きました。

その期間が本当に辛かったです。
頭では思っていても、言葉の節々で相手を疑う様な言動をしてしまい相手から見放され友達が減っていきました。

こうなったら鬱や精神病になり兼ねないと思い、カウンセリングにも通っていました。
離婚して2年間はカウンセリングに通い心身ともにリセット期間になりました。

離婚して正解だと感じますか? それとも後悔の方が大きいですか?

正解だと思います。
やはり結婚するうえで信頼関係はまず大事になってくると思います。

少しの嘘や、浮気ならきっと許していたと思いますがお金が絡む事となると将来性もまったくと言っていいほど変わってくると思います。
お金のは縁の切れ目とよく言いますが、本当にそうだと実感しています。

やはり生活していくうえので、生きていくうえでお金というのはとても大事な要素になってくると思います。
将来の為への投資などで失敗したりと、そういう事であれば私も離婚などはしませんでしたが、娯楽の為にお金を使い自分の欲の為だけに相手をも巻き添えにしていくのはやはり間違っていると思います。
なので離婚して正解だと思っています。

現在は再婚していますか?

おかげさまで、再婚することができました。
離婚後の2年間カウンセリングに通ったことで人との接し方や自分の気持ちのコントロールをする事ができるようになりました。

再婚するにあたって、今の旦那さんには離婚経験があることとどうして離婚に至ったかの経緯など全てを付き合っている時に話しました。
そしてお金に関してはとてもシビアに思っている事を伝えると彼は私が安心するようにと、当面の間は旦那のお金の流れをすべて私に教えてくれてました。

そうする事で私は彼を信じる事も、お金の面においても安心する事が出来、はれて再婚する事が出来ました。

離婚経験者として、現在、離婚を悩んでいる人に向けてアドバイスをお願いします

結婚は他人同士が1つになります。
その為、親や兄弟とは違い『信頼関係』が大きなポイントになってくると私は思います。

他人同士が1つになることは、助け合い支え合っていかねければなりません。
もし今、お相手の事で悩んでいるかたがいるのであれば、その『原因』によってこの先自分がどうなるのかをまず想像してみて下さい。

想像して、自分がしっかり幸せになれるのかどうか、そこを一番に考えて下さい。
自分が幸せになれるのであれば『離婚』というのは決して間違った選択ではありません。

自分を守る事ができるのは本当に自分だけです。
相手への情などあると思いますが、一度自分へ目を向けて自分の為に決断をしてください。

調査方法:アンケートサイトにて質問
調査日:2020年10月17日

離婚のプロに無料相談しませんか?

  • 離婚して後悔しない?
  • 離婚して幸せになれる?

このように悩んだら、数多くの相談に乗ってきたプロに相談しましょう。
親や友人でもない他人だからこそ、腹を割って話せることも多いはず。